みつごと!(サイト移転しました)

三つ子ベビーの育児に奮闘するブログです

サイト移転しました

こんにちは!

みつごと!に訪問していただき、ありがとうございますm(__)m

訪問者の方にもっと分かりやすく、楽しく読んでいただけることを目指してサイト移転しました。

 

みつごと! – 2016年に産まれた一卵性三つ子と長女の4姉妹育児に奮闘するブログです。

 

今まで無料ブログしかやったことがないのですが、はじめてワードプレスに挑戦しています。三つ子を妊娠してから仕事も辞めてしまったので、久しぶりに何かに挑戦する感覚にとてもワクワクしています。

育児の合間に書くのでのんびり更新ですが、よろしくお願いします。

三つ子【生後9ヶ月】

こんにちは^_^また期間が開いてしまいました。魔の病気リレーが1ヶ月かけて終わったと思ったら1週間も経たずにまた嘔吐下痢にかかってしまっていました。恐ろしいです、四姉妹のうつし合い( ;  ; )今回はリアルタイムの我が家の子育て事情、生後9ヶ月を振り返ります! 

 

多胎児の子供同士が遊んでくれるときは楽、を実感する

多胎児サークルや多胎児ブログなどで見聞きする言葉、「子供同士で遊んでくれるようになると本当に楽になるよ〜」!あれはいったいいつのことなのだろうと思っていたのですが、我が家の場合は9ヶ月になり実感することが出来ました。

今までひたすらお世話に明け暮れ、座る時間も立ち止まる時間もないという状態だったのですが、9ヶ月に入ってから、ふと「あれ?いま私、休めてる!!」という瞬間が1日に一回くらいあるようになりました。その間三つ子は何をしているかというと、オモチャの奪い合いをしていたり(2歳くらいのガチの激しい奪い合いじゃなく、みんなで一つのボールを追いかけたり、えいっ→ふぇ〜〜ん、ってくらいの微笑ましいやつです^^)、物陰からいないいないばあをして盛り上がっていたり、誰かが面白いことを見つけるとそれに野次馬的に群がっていたり。

これから遊びの幅がひろがり、ますます盛り上がっていくんでしょうか?!

 

発達は子それぞれ

次女 ハイハイ、三女 ズリバイ、四女 ハイハイ+ズリバイ+1人座りとそれぞれ自由に成長しています。好奇心旺盛な次女、人のものなら何でも欲しくなっちゃう三女、一人遊びと独り言 を愛する四女と個性もはっきりしてきました。おっとり穏やかな四女は他の娘たちに背中に乗っかられて身動きとれなかったりしても、特に怒ることもなくまったりしています笑。

 

オムツ替えがひたすら大変期

 これぞスーパーママ!三つ子&2歳児、4人まとめて一気におむつ替えテクがスゴすぎる【動画】 - AOLニュース

あなたはこの動画、見たことありますか?我が家とちょうど同じ年齢構成の2歳児プラス0歳児(確か9ヶ月)3人のお着替え動画ですd( ̄  ̄)こりゃあ大変だ〜と思いますが、もっと大変なのはオムツ替えだと私は思ってます!

何でも興味津々のハイハイ期、もちろん、うんちにもお尻ふきにも興味津々。1人のウンチオムツを替えていると、右から左からウンチを触ろうと突撃してくる残り2人!両脇を何とか腕でブロックするものの、その間に寝返りして脱走を試みるウンチまみれの1名!「ま、まてぇーい!!」と確保してオムツ替えシートの上に戻すものの、「あ!?お尻ふきどこ行った?」と思うとお尻ふきを引き出してハムハムする1名。「だめだってー」と言いながら取り返すが今度は準備していた新しいオムツがない。取り返しに行く…(;ω;)そんなこんなで「やれやれ」と思いかけた途端「お母さんー、おしっこ出たよ〜!」とビショビショになっているトイレトレーニング中の2歳お姉ちゃんからお呼び出し…

というのが現在の我が家の日常です(´;ω;`)

 

8ヶ月から風邪嘔吐下痢リレー

詳しくは別記事にレポートしますが、とにかく長かった…。次々と嘔吐していく様は、さしずめ感染パニック系映画の様でした。

 

七五三で家族記念写真撮影

我が家の毎年恒例行事(にしたいと思っている)の家族写真撮影も終わりました^^今年は長女の七五三のお祝いもあり、とても華やかな写真撮影となりました。今回はスタジオ撮影で型物写真ですが、子供が小さいうちに私服撮影やロケ撮もしてみたいなぁと夢見ています。

七五三の写真撮影で長女の衣装はスタジオでレンタルしたのですが、下の三つ子の衣装はどうしようかととても悩みました。夫はスーツ、私はワンピース+ジャケット(買いに行く暇もなく、去年と同じジャケットですが)。せっかく長女が和風なので、三つ子たちも和風でと思い、悩んだ結果「袴ロンパース」にしました。女の子4人で並んだ写真はとても華やかになりました!実際には楽天で買いましたが、Amazonにもいくつかあるみたいですね。

 

 

 

 私の購入したお店はこちらです↓

 【楽天市場】★売り尽くし★1537円◆ベビー用袴ロンパース/巫女服風(花柄/カラー切替/ボタン/和装/和服/フォーマル/結婚式/カバーオール/赤ちゃん/プレゼント/桃の節句/端午の節句/ひな祭り/誕生日/お宮参り/出産祝い/ベビー服/お食い初め)[子供用]【メール便可】【あす楽】:manhattan store

1番安かったものは売り尽くしで1537円になっていました!お得に購入できましたが、80cmを購入したのでこれからお正月、1歳のお誕生日お祝いなどたくさん活躍してくれそうです(*´꒳`*)

それでは!

 

こちらもあわせてどうぞ
わたしの出産記

→→【出産記①】三つ子発覚から病院決定まで - みつごと!
→→【出産記②】猛烈な悪阻から安定期まで - みつごと!
→→【出産記③】長期管理入院から出産前まで① - みつごと!
→→【出産記④】長期管理入院から出産前まで② - みつごと!
→→【出産記⑤】いざ出産ストーリー - みつごと!
→→【出産記⑥】産後からまさかの母子同時退院まで - みつごと!

他の三つ子ブログも見られます!
子育てブログランキング - 子育て・育児ブログ村

 

【出産記⑥】産後からまさかの母子同時退院まで

こちらもあわせてどうぞ
わたしの出産記
→→【出産記⑴】三つ子発覚から病院決定まで - みつごと!
→→【出産記⑵】猛烈な悪阻から安定期まで - みつごと!
→→【出産記⑶】長期管理入院から出産前まで① - みつごと!
→→【出産記⑷】長期管理入院から出産前まで② - みつごと!

→→【出産記⑤】いざ出産ストーリー - みつごと!

これで長々と書いて来た出産記も最後です!

ここの所なかなか更新できなかったのは、「多胎児名物?恐怖の病気リレー」で約1ヶ月苦しんだからです(T_T)そのお話はまた次回書きますね。

NICU訪問と衝撃の事実

産後、当日翌日は朦朧としていたわたしですが、車椅子でNICUに赤ちゃんを見に行くことが出来ました(*^▽^*)
みんな並んでいるのかな?と思いきや、1人はGCUにおり、他の2人はNICUにおりました。
次女は呼吸が弱く新生児仮死だったため、呼吸の補助がありましたが、三女四女は点滴のみでした。
そして遅れ馳せながらわたしもここで衝撃が走りました。


NICU主治医「数日したらNICU卒業できそうですよ」
わたし「・・・・・?・・・・!!・・・!!!!!」


焦って夫にLINE


わたし「【緊急事態】」(事情を説明)
夫「それおれも言われたよ、、」
わたし「嬉しい、嬉しい、嬉しい!け…けどさ…やばいよ、やばいよ!!!」
わたし「な、何も準備してない・・・ミルクもオムツも哺乳瓶も・・あ、ベビー布団も・・洋服の水通しもしてない・・・あれ?帰りの道中使うチャイルドシート×3も・・・(以下、延々続く)」
わたし「それにさ、あと数日て・・・退院したらこの伸びきった身体を労って、のんびりする予定で・・・祖父母に預けられてた長女との最後の一人っ子時間を満喫しようと思って・・・わたしの人生この先一年は確実に昼夜なく赤ちゃんのお世話でめちゃ忙しいだろうし、この先あと数年は四姉妹のはちゃめちゃに振り回される毎日だろうし、この先あと10年くらいは大家族の家事(大量の洗濯、炊事、洗い物…)に奮闘する日々でオシャレしてオシャレレストランでデートとか、女子会とかできないんじゃない?!それについては妊娠して覚悟してたから了解なのですが、、それが、、、そんなノンストップ人生があと数日後に開始しますって!!!!( ;∀;)なんかショック・・・」

三つ子でも母子同室?!

そして師長さん登場

師長「うちの病院はホラ、、母子同室なんですよ。」
わたし「母子(子×3)・・同室・・・・」(白目)

 

NICUがあるかと、品胎受け入れ可能かとで病院を選んだので母子同室かどうかは全くノーマークでした。そもそもNICUに入院と思っていたので、母子同別室が関係ないと。。


師長「でもいま相部屋でしょう?三つ子だとホラ、ここに入りきらないじゃない?だからいまから個室にうつりませんか?」
わたし「個室って高いんじゃないですか?」
師長「三つ子なら出産育児一時金三倍もらえるじゃない❤︎」
なるほど!!!
というわけで、図らずも素敵な個室で最後のおひとりさま時間を過ごすことになったのでした。

退院までの猛特訓

NICUでは哺乳力の弱い赤ちゃんでも飲みやすいような飲ませ方を教えていただき、これが家に帰ってから本当に役立ちました。
まだ小さいとミルクを飲むのをサボって低血糖になってしまうこともあると聞いたので、初めの頃は一生懸命飲ませていました。

そして、産後5日目で三つ子たちはNICU卒業、産科の新生児室に仲良く並んで登場しました。
産科の助産師さんたちも三つ子が産科にいたことは経験したことがないようで(母が入院中に三つ子がNICU卒業することがないから)、お世話の練習も試行錯誤しながら。。
わたしが退院するまでにお世話の仕方が軌道に乗るように、助産師さんたちが代わる代わる来て複数の新生児をひとりでお世話するときのプロの工夫を一生懸命伝授してくれました。そのため産後の入院中も授乳×3とお世話の実践でほとんど休むことなく。。
でも病院の授乳管理表のエクセルをいじって、三つ子が家で使えるようにしてくださったり、いきなり家庭で三つ子の新生児を育てるのは大変ということを心配して、担当助産師さんがわたしの自治体の保健婦さんに電話してサポートを取り付けてくださったり、、
至れりつくせりのとっても素敵な病院でした^ ^

わたしがお世話に慣れることに奮闘している間、夫は西松屋と家を往復しながら三つ子の受け入れ準備に奮闘していましたよ。
わたしがリストアップしていた赤ちゃんお迎え準備グッズをかたっぱしから購入&組み立て&設置してくれました。
ほんとうにありがとうございました、、、

晴れ晴れと幸せな気持ち

とにかくてんやわんやの退院。
でも、母子一緒に退院できるなんて滅多にないことだから、晴れ晴れとした誇らしい気持ちで病院をあとにしました。

多胎児の場合、何年にもわたって出産病院でフォロー検診などあると聞いていましたが、我が家の子供たちは元気いっぱいで、1ヶ月検診以降は近所のかかりつけ医でよいとのことでした。

さて、ここからドタバタの育児記が始まりますヽ(;▽;)

拙い出産記をお読みいただきありがとうございました。

 

こちらもあわせてどうぞ
わたしの出産記
→→【出産記⑴】三つ子発覚から病院決定まで - みつごと!
→→【出産記⑵】猛烈な悪阻から安定期まで - みつごと!
→→【出産記⑶】長期管理入院から出産前まで① - みつごと!
→→【出産記⑷】長期管理入院から出産前まで② - みつごと!

→→【出産記⑤】いざ出産ストーリー - みつごと!

他の三つ子ブログも見られます!
子育てブログランキング - 子育て・育児ブログ村

 

【出産記⑤】いざ出産ストーリー

出産記といいつつ、パート5にしてようやっと出産です!^^;

いままでのお話はこちら

 
わたしの出産記

→→【出産記①】三つ子発覚から病院決定まで - みつごと!
→→【出産記②】猛烈な悪阻から安定期まで - みつごと!
→→【出産記③】長期管理入院から出産前まで① - みつごと!
→→【出産記④】長期管理入院から出産前まで② - みつごと!

→→ここ

→→【出産記⑥】産後からまさかの母子同時退院まで - みつごと!

 

37週と2日目にオペ日をとりました。

出産は帝王切開です。三つ子だと普通分娩はできないようで、選択肢はなかったです。相部屋の双子ママはどちらでもいいよと言われたようで、直前まで悩んでいました。1人目の時は普通分娩だったので、帝王切開は初です!

出産前にはイメトレとして手術室の見学に行ったり、お世話になるであろうNICUに説明を聞きに行きました。 

私はとても怖がりで、医療モノのドラマを見られないタイプでして…帝王切開は意識があるのにお腹を切られるということが怖くて怖くて( T_T)ドキドキのオペです。。

オペ室にはいり、バイタルをモニターしていたら、そんな気持ちとは裏腹にものすごく穏やかな数値が出ていて「あれ?なんか数値が…すごい。三つ子妊婦とは思えない。何かスポーツやってるんですか?」と言われました。どこまでも身体が丈夫でよかったです^^;

 

三つ子出産はどのくらい痛いのか?

怖がりながらも少し甘い考えもありました。「麻酔使うんだから無痛分娩みたいなものなんじゃないのかな?」なんて思ったりして。。甘かったです。マックスコーヒー位甘かったです。

 

コカ・コーラ ジョージア マックスコーヒー 250g缶×30本

コカ・コーラ ジョージア マックスコーヒー 250g缶×30本

 

周りの方にどれくらい痛いのかというのを聞いてまわって、手術後の双子ママにも「いけますよー!」と言っていただいて、調子に乗っていました。痛みの説明では、「赤ちゃんを取り出すとき、お腹を揺さぶられらような感覚があるかも」「始めの麻酔注射の痛みが1番痛いかも」なんて言われていました。

 

そしていざ手術!

オペ室のBGMは何でもいいよと言っていただいたのでミスチルをリクエスト。「これ元カレとの思い出の曲だわ〜」とセクシーな助産師さんが昔の恋に想いを馳せつつ、和やかにスタート。

執刀は主治医の先生がしてくださり、通常のオペ体制の他に、赤ちゃんキャッチ係が3人、nicuの三つ子各自の主治医さんが3名おり、オペ室には大勢の方がいました。

麻酔の注射をし、冷たい器具で効き具合を確かめ、いざ執刀。開始から30分程度で1分おきに3人赤ちゃんが出て来ました。先生の赤ちゃんを見た第一声「普通の大きさの赤ちゃんだなぁ!単胎の子みたい」と。なるべくお腹で大きくしてあげたいと思っていたので、その自然な言葉にとても安心しました。順番に赤ちゃんを顔のそばに連れて来てくださり、三つ子はすぐにnicuへ連れていかれました。しかし、1人目の赤ちゃんがお腹から出た後から痛みが…麻酔してるし気のせいだ…痛いはず…ない…と自分に言い聞かせるものの、ものすごい痛い!!!正直痛みに耐えるのに必死で赤ちゃんの顔が見えませんでした。痛みを訴えると、どうやら子宮収縮の痛みのよう。凄まじい激痛~_~;それもそのはず、37週まで三つ子が入っていた子宮はびよんと伸びきっているに違いありません。オペ室のみなさんが三つ子が無事産まれた和やかムードの中、ひとり必死の形相なわたし。オペ室を出てからは回復室というところに入り、引き続き子宮収縮の痛みと戦いました。血がまぁまあたくさん出たので血圧を下げる点滴をいれて「息ができない!」とパクパクしたりも。定期的にお腹を押されて子宮収縮の状態をチェックするのですが、それが痛いの何の…( T_T)やめてぇー!!!と何度も絶叫してました。それを横で見ていた夫は「普通の人はこんなに苦しむものなんですか?妻は大丈夫ですか?」と心配になったそう。当日と翌日のことは思い返しても、痛みと戦う疲れや貧血だったのかずっと意識が朦朧としていたので記憶がありません。先生も身体の状態や赤ちゃんの様子を説明してくださっていたようなのですが、これも記憶がなくて…。

 呑気に?寝てばかりいたわたしですが、夫はその間に衝撃的な話を先生から告げられたそう。「赤ちゃんたち、すごく元気なので、数日したらnicuから産科へおりてきそうですよ。」

そう、つまり、数ヶ月はnicuに入院するだろうと考えていた三つ子たちが母であるわたしと同時退院の可能性が急浮上したのです。まだ家にはオムツもミルクでさえも準備してないのにヽ(;▽;)嬉しい悲鳴が響き渡り、ここから怒涛の三つ子との生活がはじまったのです。

 

続きます。

 

こちらもあわせてどうぞ

わたしの出産記

→→【出産記①】三つ子発覚から病院決定まで - みつごと!
→→【出産記②】猛烈な悪阻から安定期まで - みつごと!
→→【出産記③】長期管理入院から出産前まで① - みつごと!
→→【出産記④】長期管理入院から出産前まで② - みつごと!


他の三つ子ブログも見られます!

子育てブログランキング - 子育て・育児ブログ村

 

絶対おすすめ!管理入院中の暇つぶし

こんにちは!ここのところ育児にも少し余裕ができて来たので、そろそろメイク習慣を復活させようとメイク道具を開けたら…なんとアイブロウパウダーにカビが生えていましたわたしですヽ(;▽;)管理入院した日から今まで約1年弱すっぴんでしたので、、

 

さて、今回は管理入院中の暇つぶしについて書いてみます。多胎児の出産といえば管理入院が付き物ですよね。わたし自身は長女の出産で切迫早産になり約3週間の入院をし、さらに三つ子の出産で2ヶ月管理入院したので2度の入院経験があります。長女出産時のはじめての入院中は暇を持て余してしまい「早く退院したい〜安静つらい〜」と苦しんでいましたが、三つ子の入院時はうまく暇と付き合うことができるようになり、快適に過ごせるようになりました。

 

 何は無くともkindleをぜひ!!

ベッドの上に居ながらにして小説、実用書、漫画、雑誌など幅広いジャンルの本をサクサク購入&読書体験ができます(*^▽^*)電子書籍端末があれば暇知らずなので、何は無くともぜひ!!…と、こんなにオススメしている私ですが、実はkindle端末を購入したのは産後のことですσ^_^;今となっては、どうしてもっと早く購入しなかったんだろう?!と悔しがるほどお気に入りで、 三つ子育児の日々の中で唯一の娯楽アイテムとして大活躍しています!どうして買わなかったのか?それはひとえに「よくわからなかったから」でございます…。

 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

 kindleの魅力ってなに?

元々本が好きで、最低でも週に1冊は購入していましたし、本屋に行けない時は電子書籍アプリを使ってスマホで読書していました。では何でkindle端末の導入が遅れたかと言いますと、、実は我が家には既にiPadがありまして、私のゆるい認識だと「iPad=なんでもできる」「kindle端末=本しか読めない」となっており、あえて用途の限定されたkindle購入の必要性を全く感じなかったんです(^_^;)でも、よく考えてみると長期入院している妊婦さんや忙しくて本屋に行く暇がない子育て中のママにぴったりなアイテムなんですよ。

 

オススメする理由4つ

本が安い!

 管理入院で暇を持て余し、スマホから携帯漫画サイトや他の電子書籍アプリで本をぽちぽち買っていたのですが、後から知ったらkindleの方が安かったです。たとえば紀伊国屋書店のアプリで「東京タラレバ娘」を買うと480円。書店で買うと463円。でもkindleで買うと、割引とポイント還元があって27%オフの実質342円なんですよ。下で紹介している「学力の経済学」だと、今見てきたところなんと40%オフとなっていました。多読の人は端末を買ってもすぐ元が取れそうです。

 

軽い!

妊娠後期に差し掛かるとお腹が急激にせり出してくるので、身体を起こして長時間何かをするのが辛くなってきます。そんな時でもkindleは軽いので横になって読んでも手が疲れません。iPadよりも軽くて光が優しくて、本を読む感覚に近いです。

 

毎月1冊無料!

Amazonファミリーの素晴らしさについてはまた別記事でアツく語りたいのですが、Amazonファミリーになるとプライム会員と同じ扱いになるので毎月1冊無料で本が読めます(^^)本の種類は限られますが、暇つぶしにはちょうどよいですよ。

 

表示が早い!

産後、4人の子供の世話をしていると、自分の時間って本当に見つけるのが難しいんです。4人とも静かで、かつ家事が立て込んでなくて…ということって5分、10分位のことが多くて。それでも5分あれば漫画が数ページ読める、と思ってサッと手を伸ばしています。スイッチを入れると読んでいたページがパッと表示されるので余計な操作いらずで、細切れの時間でも読む気になれます。

 

Wi-Fiがないと使えないんじゃない?と心配の方には、無料の3Gが使えるモデルもあります!病院でWi-Fiが使えなくてもこれなら安心ですね。

 

入院中のオススメ本3つ

コウノドリ

ドラマ化もされた人気漫画ですよね。テーマごとにサクサク読めるのでどの巻から読んでも楽しめそうです。「長期管理入院編」(10巻)「双子編」(5巻)「妊娠高血圧」(12巻)「NICU編」(7巻)など、まさに自分が置かれている状況のリアルな描写や情報にあるある!の連続です。 つい自分を責めてしまいがちな妊婦たちへのコウノドリ先生の優しい語りかけに心が軽くなります。

 

 

コウノドリ コミック 1-13巻セット (モーニング KC)

コウノドリ コミック 1-13巻セット (モーニング KC)

 

 

 ②働きママンシリーズ

 仕事大好きなドタバタ主人公、完璧なバリキャリママ、シングルママ、管理職の先輩ワーママ…キャラも働き方も様々なママたちが悩みながらも奮闘する前向きな姿に元気をもらえる漫画です。登場人物が魅力的でみんな友達に欲しい…!

 

学力の経済学

 教育の効果を測定し、分析して、どの方法がパフォーマンスが優れているのか?を明らかにしていく本です。帯を見てもらうのが早いのですが、ゲームは悪影響か?ご褒美で釣るのはいけないか?教育にはいつ投資するのがリターンがいいかなど気になるトピックスがいっぱいです。他にも、進学校に入ると成績があがるかとか、住む場所によるかとか、内容盛りだくさんです。

「学力」の経済学

「学力」の経済学

 

 

他の暇つぶし方法についてはまた別記事で書きますね。では!


こちらもあわせてどうぞ

わたしの出産記

→→【出産記⑴】三つ子発覚から病院決定まで - みつごと!
→→【出産記⑵】猛烈な悪阻から安定期まで - みつごと!
→→【出産記⑶】長期管理入院から出産前まで① - みつごと!
→→【出産記⑷】長期管理入院から出産前まで② - みつごと!

 

他の三つ子ブログも見られます!

子育てブログランキング - 子育て・育児ブログ村


 

 

三つ子ベビーとクルマ選び

こんにちは。

先日LICOさんという方のブログを見て、とても共感しました。読んだことがない方はぜひ(^∇^)

ママの毎日|LICOオフィシャルブログ「子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法」Powered by Ameba

 

その中に子供が産まれて色々変わったよなぁ〜というくだりがあるのですが、我が家の場合も三つ子を授かりものすごく色々変わりました。住む場所も変わったし、核家族だったのが同居になったし、夫は単身赴任になったし、車も変わったし…ヒールがスニーカーに変わるどころではないですね(^^;;人生が変わりました(´-`)車を変えたのが個人的にはすごく家族が増える実感がしましたよ。ということで、今回は三つ子出産にあたって買い換えたクルマのお話です。

 

いざ長女と三つ子の乗れる車選び

我が家は今の車が三代目です。1台目、2台目はNISSANのエクストレイルでした。

 

この車は結婚前から夫が乗っていて、私も気に入っていたので、長女が生まれた後も「子供は多分2人かな?それなら乗り切れるし、アウトドアしたいし、やっぱりSUVかな〜。ミニバンは便利だけど見た目の好みはこっちだよね」と新型エクストレイルを購入したのもつかの間、その約半年後に三つ子妊娠が発覚したのでした…

「まさかの6人家族かぁ。。あれ?車に乗り切れなくないか?」

「!!」

  (´-`)

ということで、買ったばかりの新車とおさらばし(涙)、8人乗りのセレナに買い換えました。他のミニバンでなくセレナなのは日産つながりであって特に比較検討したわけではないです。

 

 

 

三つ子はどうやって乗せる?

三つ子の車の乗せ方ってどうなっているんだろう、と思いませんか?他の三つ子ファミリーだと2列目に横に3人分チャイルドシートを並べるパターンが多いように思いましたよ。ザ・三つ子!って感じがしてテンションがあがりますよね!!

画像が貼れないのですが、リンク先は海外の三つ子インスタグラマーの皆さんの車内の写真です↓↓

Instagram

Instagram

Instagram

Instagram

 

しかし我が家の場合はこれとは違います。三列シートで、前から2人、3人、3人の合計8人乗りの中に、チャイルドシート×3とジュニアシート×1を下図のように載せています。

 

【前方】

1列目 ジュニアシート 運転席

2列目 チャイルドシート ① ②

3列目 チャイルドシートチャイルドシート

【後方】

 

お判りいただけますでしょうか(^^;;  ◯の部分が普通の座席です。3列目のチャイルドシートに挟まれた間の席は、女性か子供なら乗れるけれども男性が座るのはキツそうです。私は大抵2列目の右側の②番の座席に座っていますよ。

 

横に3人並べないメリットは?

横に並べず、上図のように配置してみて感じるメリットを書いていきますね。

  • 赤ちゃんの横に座ってお世話ができる

特にこれが大きいです。①番に座れば2列目の赤ちゃんを、③に座れば3列目の2人の赤ちゃんを同時にお世話できます!隣に座ったお母さんの顔を見るだけで安心してくれますし、お腹がすいた子にはミルクもあげられます。先日アップした四国旅行の記事でもそのメリットについて書きました。

三つ子ベビーと四国自動車旅②マイカー旅行はメリットだらけ! - みつごと!

②番の座席に座ると、我が家のセレナは前に2本分のドリンクホルダーと右ドアに1本分のドリンクホルダーがあるので、そこに哺乳瓶をさしてミルク作りもできます。

 

  • 車内でオムツ替えがラクにできる

出先でネンネの赤ちゃんのオムツ替えできるトイレがすぐに見つからない時でも、車内で替えられたら安心ですよね。私はオムツを替える時、右のスライドドアを開けて自分は車外に立ち、②番の座席に赤ちゃんを寝かせてささっとオムツを替えています。

 

三つ子がまだベビーのうちはこの配置がしっくりくるかなと思っていますが、成長に合わせてかわっていったり、もっといい方法があれば変わっていくと思います。

 

いつかミニバンに乗らない日が来る?

図らずも6人家族になった我が家。子供達が家を出ていくまではミニバンに乗っていろんな思い出を作ることでしょう(*^▽^*)いまは乳幼児の4人の子供達が大きくなって、行動範囲が広がっていくのが楽しみでなりません。でもいつか子供達が自立する日が来たら、夫と2人でちょっといいクルマに乗り換えて2人の時間を満喫したいなぁと思っています。それもまた楽しみです(^^)

 

こちらもあわせてどうぞ

わたしの出産記

→→【出産記⑴】三つ子発覚から病院決定まで - みつごと!
→→【出産記⑵】猛烈な悪阻から安定期まで - みつごと!
→→【出産記⑶】長期管理入院から出産前まで① - みつごと!
→→【出産記⑷】長期管理入院から出産前まで② - みつごと!

 

他の三つ子ブログも見られます!

子育てブログランキング - 子育て・育児ブログ村

【出産記②】猛烈な悪阻から安定期まで

わたしの出産までの道のりの第3弾です。

 

わたしの出産記

(こちらもあわせてどうぞ)

→→【出産記⑴】三つ子発覚から病院決定まで - みつごと!

→→【出産記⑵】猛烈な悪阻から安定期まで この部分!

→→【出産記⑶】長期管理入院から出産前まで① - みつごと!

→→【出産記⑷】長期管理入院から出産前まで② - みつごと!

→→【出産記⑤】いざ出産ストーリー - みつごと!

 

あいつがやってきた!

スムーズに病院が決まったものの、次に襲ってきたのは…そうです、悪阻!

多胎児は悪阻が重いとか重くないとか言われますが、私の主治医曰くは「1人よりふたご、ふたごより三つ子が辛い」とのこと。長女の妊娠中の悪阻も決して軽くはなく、大変な思いをしましたが、三つ子の悪阻はそれはもう大変で…大変で…実際の体感としても3倍位辛いなぁと思いました。

そのころ私は長女を保育園に預けて仕事をしていたのですが、どんな生活だったか思い出すと…

1時間以上の通勤満員電車(もちろん座れない)で途中下車しながらリバース

会社に着きリバース

クライアントを回りながらプレゼン中にリバースしないように客先に入る前は事前にリバース

帰りも1時間以上の通勤満員電車(以下同上)

迎えに行った長女の保育園のトイレでリバース

家までの道のりの途中ママチャリを降りてリバース…

お付き合いで食事をしてその後…

と、とにかく何度もリバースするので鞄の中には毎日大量のエチケット袋を忍ばせて。

家に着いたころには衰弱しきっていて、自宅アパート(2階)に荷物(終わらない仕事をもちろんモバイルPCで持ち帰り&保育園の方針で布おむつ必須だったので毎日小旅行並みの荷物量)と長女(保育園の帰りは甘えん坊になって自分で歩かない)を抱えて階段を上ることができず、人の手を借りて玄関まで上がっていました。

会社員のサガなのか仕事に行くと気力で動けるのですが、家に帰ると動けなくなってしまい、ずっとソファの上でまるくなっていました。とはいえ当時1歳の娘もいたので、食事作りなどしないわけにもいかず、家事は実母と義母に泊まり込みで来てもらいほぼ全てをお願いしていました。

体重も10%ほど落ち、小学生の頃の体重になっていて会社の後輩からは「身体が薄っぺらくなってます」とか、娘の保育園の先生から「お母さん、身体大丈夫ですか?何かありましたか?」と心配されていました。

当時勤めていた会社は制度も考え方も進んでいて、モバイルPCとポケットWi-Fi支給でどこで仕事をしてもOK、出社しなくてもOKと自由なワークスタイルを推奨していたので、あまりにも動けない日は家から出ないで仕事をしたりTV会議に出たりしていました。これが普通の会社だったら、勤め続けるのは難しいだろうなぁと思いました。

 

退職・転居を決意

この環境で三つ子を育てるのは難しいだろうということと、働き続けるのは難しいということで退職と、義実家での同居を決意。

通っていた大学病院から地方の周産期医療センターの先生を紹介していただき、スムーズに引き継ぎも完了。悪阻の合間を縫って引っ越し準備をし、妊娠5カ月で都市部からいまの西日本の某田舎に転居しました。田舎の過ごしやすい気候がよかったのか、すぐに悪阻もなくなりました。

 

多胎妊婦に安定期はない?

多胎妊婦に安定期はないよ、とは妊娠中によく言われていました。いつ何が起こるかわからない、ということですよね。それでも満員電車通勤や仕事のストレスがなくなったため、戌の日を過ぎた頃は体調がすこぶるよくなっていました!管理入院前は毎日長女を電動アシスト付き自転車に載せて田舎探検にくりだしていましたよ。

三つ子先輩ママや先生に聞いたところ、「管理入院は24週位から」とのことだったのでそれに合わせて準備していたのですが、身体の状態がよかったので結局28週まで自宅で過ごしました。また、色々調べたところ三つ子の赤ちゃんだと短くて数週間、長いと月単位でnicuに入院になると聞いていたので、赤ちゃんの入院中に産後の必要な赤ちゃんグッズは用意すればいいと思い、特に何の準備もしないまま管理入院に入りました。しかしこれが後々あんなに慌てることになるなんて!!

続きます。

 

わたしの出産記

(こちらもあわせてどうぞ)

→→【出産記⑴】三つ子発覚から病院決定まで - みつごと!
→→【出産記⑵】猛烈な悪阻から安定期まで
→→【出産記⑶】長期管理入院から出産前まで① - みつごと!
→→【出産記⑷】長期管理入院から出産前まで② - みつごと!

→→【出産記⑤】いざ出産ストーリー - みつごと!

 

他の三つ子ブログも見られます!

子育てブログランキング - 子育て・育児ブログ村