みつごと!(サイト移転しました)

三つ子ベビーの育児に奮闘するブログです

【出産記④】長期管理入院から出産前まで②

 わたしの出産記

(こちらもあわせてどうぞ)
→→【出産記⑴】三つ子発覚から病院決定まで - みつごと!
→→【出産記⑵】猛烈な悪阻から安定期まで - みつごと!
→→【出産記⑶】長期管理入院から出産前まで① - みつごと!
→→【出産記⑷】長期管理入院から出産前まで②←この部分!

 →→【出産記⑤】いざ出産ストーリー - みつごと!

 

とはいえ、不安

①を読んでいただくとお分かりのように、
楽観的でノーテンキな私ですが、それは何より赤ちゃんたちが順調にお腹の中で育っていて、自分の身体にも大きなトラブルもなく過ごせたからに他なりません。
 

ウテメリンの副作用はひとによってかなり辛いですし、点滴の針の差し替えも痛くて憂鬱です。

お腹が大きくなってくると身体を動かすことが難しく、夜も熟睡できず睡眠不足になります…

特にトラブルのなかった私ですが、子宮が大きいため肋骨が圧迫されて痛み、夜間ベッドの上で同じ体制を続けるのが辛かったです(>_<)


結果的には37週までお腹の中で赤ちゃんを育てることができましたが、切迫早産は不安との戦いだと思います。
 
「早産で起こる子供へのトラブルは
お腹の中にいる時間が長ければ長いほど少なくなる、
1日でも長く赤ちゃんをお腹の中で育てましょう」
 
この言葉を合言葉にして切迫早産の妊婦さんはみんな頑張るんだと思います。
なので、1日が終わるとほっとして、週数が進むと大喜びして、エコーで赤ちゃんの推定体重が大きくなるのを励みに安静を頑張るんだと思います。
私もまさにそうでした。

 

どんな結果になっても、あとで後悔しないように、赤ちゃんに「お母さんも頑張ったよー」と言えるように。。

先が見えない入院期間ですが、出産は病気と違って絶対に終わりがありますし、1日耐えればその分お腹の中で赤ちゃんは育ってくれている、と思って過ごしていました。

 

 

三つ子の出産日ってどうやって決めるの?

 

これは私もかなり気になっていたことです!

単胎だと出産予定日が自動的に決まり、予定日付近に兆候に注意していればよいのですが。。

 

「多胎妊娠には安定期がない」とはよく言われましたが、まさにその通りでいつが出産になるのか、直前までわかりませんでした。

 

上記の通り、基本的には1日でも長くお腹で育てたいのですが、母体、赤ちゃん、もしくは両方に苦しいサインが出たら、そこで妊娠を終わりにして、出産して赤ちゃんを外で育てましょうということになります。

 

なので、日々の診察の中で赤ちゃんのサインや母体のサインを見ながらどこまで妊娠が継続できるか判断します。

そして、予定帝王切開の日付を決定します。

 

ですが、予期せぬトラブルが起こった場合や容体が急変した場合は緊急オペになる場合もあります。

 

私の病院の三つ子の出産の場合、産科プラス新生児科の先生が3名(各赤ちゃんの主治医)立ち会い、大人数の体制で行ってくれるのですが、夜間や休日の緊急オペになると人員が確保できないのでなるべく緊急オペにならないようにしたいと言われていました。

 

 

正期産は目指せない? 

私は妊娠8ヶ月で入院した当初に書いたバースプランの紙に

「37週を目指したいのでご協力お願いします!」と書いていました。

 

私の担当をしてくれたベテラン助産師さんは

「今まで一度だけ37週越えた人を見たことがあるけど、それは本当に稀。34週でもすごい!もし37週に出産できたら大金星よ!」

と言っていました。

 

主治医は

「母体が持たないので無理だとは思いますが、

なるべく目指せるようにサポートしますね」

とのことでした。

どちらかというと、そこまで無理せずに緊急オペを避けて、早めに赤ちゃんを出したいという考え方のようでしたが、私の正期産を目指したいという思いを汲んで、辛抱強く待ってくださいました。

 

 

出産前の体の状態は?

体重は妊娠前からプラス約15キロ(悪阻で2キロやせてたのでトータル17キロ)

腹囲96センチ

子宮底長42センチ

むくみ、尿蛋白は出産2週間にプラスですがそれまではトラブルはなしです。

妊娠高血圧もなし。妊婦に多い便秘もなし。

ななんと、妊娠線もありませんでした(*^▽^*)

胎児が大きくなるにつれ、胃が圧迫されて食欲もなくなるよと言われていたのですが、毎度ご飯も完食していました。

何度も病院のスタッフさんたちに「身体が本当に丈夫なんだね?!」、と驚かれたり病棟内をスタスタ歩いてるので笑われたりしてました^_^;

助産師さん「めっちゃスタスタ歩いてますねw三つ子入ってるなんて信じられませんねw」

回診に来てくださる先生も「お変わりありませんか?w」私「ないですw」先生「すごいですねw」という感じでした。

 

 胎児の状態は?

エコーでの推定体重は 36週4日で

⑴2600g

⑵2100g

⑶2350g

合計約7050g

 

エコーも、1番下の子は骨盤の下の方に降りてきていて、測定も難しくなっていました。

誤差はかなりあるかも、と言われていましたよ。

 

このエコーを最後に、37週2日に予定帝王切開のオペ予約を取り、準備していきました。

 出産についてはまた別の記事に…

 

わたしの出産記

(こちらもあわせてどうぞ)
→→【出産記⑴】三つ子発覚から病院決定まで - みつごと!
→→【出産記⑵】猛烈な悪阻から安定期まで - みつごと!
→→【出産記⑶】長期管理入院から出産前まで① - みつごと!
→→【出産記⑷】長期管理入院から出産前まで②←この部分!

→→【出産記⑤】いざ出産ストーリー - みつごと!

 

他の三つ子ブログも見られます!

子育てブログランキング - 子育て・育児ブログ村